忍者ブログ
HOME   »     »  開示すべきでしょうか? 信用情報について  »  開示すべきでしょうか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2017 .07.23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過去にクレジットカードを強制解約されたことがあり再びカードが作れないケースがあります。

この場合は信用情報がどうなっているか気になっている方もいるようです。

事例
20歳くらいの時にアコム、レイク、武富士などから借金をして返済出来ず、両親が貸付自粛の手続きをしました
返済は一括で両親がしてくれました
その後、もちろん借入が出来なくなったのでただ時が過ぎるのを待ち、ようやくクレジットカードが作れました
確かマスターとJCBです
残念ながら仕事がうまく行かず倒産などで返済出来ず強制解約となりました
27.8歳くらいで強制解約は29歳だったと思います
その後は、カードの申し込みも控え、今36歳です
去年結婚し、春に新婚旅行を計画しており、クレジットカードを作りたいと申し込んだ結果、
VISA マスター の付いたイオンカードや楽天カードは作れず困っています
情報開示をしようかと思いましたが、旧姓の時だという事、当時の住所や電話番号が分からないという事、どうしたらいいか分かりません
クレジットカードが作れない理由は明確にならないとは思いますが、開示すべきでしょうか?
貸付自粛はまだ有効なのでしょうか?
なんとかクレジットカードを作りたいのでアドバイスをお願いします!

<引用元:http://www.bengo4.com/shakkin/1046/1174/b_318421/>

カード審査に通らない理由は、信用情報に事故情報が記載されてたり、ほかにも業者に事故歴が残っている可能性もあります。

まず確認できる信用情報を開示して確認してみても良いかもしれません


信用情報開示について相談してみませんか?専門家をお探しならコチラへ アヴァンス行政書士法人 信用情報開示
PR
Comment
Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
フリーエリア
マユユイ・ランキング>ランキング

人気サイトランキング >人気サイトランキング

ビジネスランキング>ビジネスランキング

ランキン>ビジネス・マネー

PAWAREN Ranking>PAWAREN Ranking

ランキング一括投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31