忍者ブログ
HOME
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
6

2017 .11.20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

信用情報について調べると「成約残し」という言葉を度々目にすると思われます。

成約残しとは自己破産の免責が裁判所から出ているのに金融業者が個人信用情報の登録内容を「完了」とせずに、
免責された残高が登録されたまま契約を残してる状態をいいます。

成約残しについては相談されている方も多いようです。

相談
平成23年「自己破産免責」になった者です。
「自己破産免責」以後5年~10年間は
CICなどの個人情報期間に開示請求しようと
思ってます。

最近、「成約残し」って言葉内容を
聞きました。
弁護士の方からから各債権者様に「信用調査」の
通知が送付してると思いますが
「成約残し」って言葉を聞きました。

これか「CIC」などの個人情報期間から
取り寄せて確認しようとて思ってます。

それなかに、「成約残し」あったばたばいどのように処置すればいいのか押し打てください

免責は平成9月どのように対処すれば
ようにすればいいのっしょうか?

<引用元:http://www.bengo4.com/jikohasan/1170/b_322014/>

成約の情報は破産免責を受けた時は本来消されるべきものなので、
信用情報を開示した際に残っていたのならば訂正を求める事ができるでしょう

詳しくは専門家に相談してみましょう


信用情報開示について相談してみませんか?専門家をお探しならコチラへ アヴァンス行政書士法人 信用情報開示
PR
フリーエリア
マユユイ・ランキング>ランキング

人気サイトランキング >人気サイトランキング

ビジネスランキング>ビジネスランキング

ランキン>ビジネス・マネー

PAWAREN Ranking>PAWAREN Ranking

ランキング一括投票

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30